先人から譲り受けた「故郷」が、
いつまでも受け継がれ、誰かの故郷であり続けられるように
「やまと心」を見つめ直し、私たちの故郷に、より美しく豊かで優しい地域社会を甦らせます。

プロフィール

ふりがな   みた かずひさ
氏 名 :美田 和久
生年月日:昭和35年6月30日
住 所  :奈良県 大和郡山市
       小泉町645-180
職 業  :サイタニ還元環境研究所
                     所長
家 族  :母・妻・子供5人
                 (男2人・女3人)
身長体重:180cm 75kg
資 格  :シックハウス(補)診断士
趣 味  :読書 オートバイ 発明
                     特許情報
 
幼少期…  大和郡山市西田中町に転居、
         小泉町で青少年期を過ごす。
昭和55年…県立王寺工業高校機械科卒業。
昭和63年…サイタニ建設創業、住宅基礎を中心に
         技術開発に尽力。
平成25年…大和郡山市議会議員補欠選挙に出馬
現 在…  サイタニ還元環境研究所所長
 

ご挨拶

 私が政治家を志した切っ掛けは、私の家族、5人の子供たちが幸せに生きて行くために何ができるかを考え始めた事です。 人の繋がりが希薄になり地域がバラバラになっていく中で、最初に思い浮かんだのは『家族だけ』『親族だけ』でもまとまっていければいいというものでした。
 
 しかし、そんな中、拉致問題に触れ、世間を騒がす様々な問題を見つめる内に『親族だけ』あるいは『一地域だけ』では解決のしようが無い問題が数多くある事に気付きました。 家族や親族、そして地域のみんなが幸せに生きる為には、家族だけ親族だけ、地域だけといった小さなまとまりだけではどうしようもないという事を悟り、日本全体がまとまる事が必要だと思い至ったのです。
 
 そして、そうした問題がテレビやマスコミが取り上げている間は騒がれているのに時間が過ぎ報道の熱が冷めると瞬く間に関心を失ってしまうのを見て、 私たち日本人は過去を振り返りかえりみる事が出来なくなっているのではないかという疑念が湧きあがり、日本人がいつから物事を総括できなくなったのかを知るために、書物やインターネットを通して歴史を振り返る事を始め、日本の歴史に学び、日本人が長い時間をかけて育んできた『やまと心』を見つめなおす以外に、私たちにとって本当に生きやすい、本当に豊かで幸せに生き続けられる地域づくり、国づくりをする事はできないと結論づけたのです。
 
 地域を良くし、日本全体を良くする為の地域政党、『地域政党やまとの会』の代表として、日本の故郷「奈良県」、その中心であり私が生まれ育った大和郡山から、そのあるべき姿を取り戻し、日本を立て直す一助となるべく力を尽くさせて頂きます。

NEW TOPICS

2015.02.01
サイト開設